トリキュラー28

トリキュラー28/飲み忘れのない低用量ピルなら間違いなし

トリキュラー28とトリキュラー21の違い

 

ピルには28錠タイプと21錠タイプで2つがあります。

 

28錠タイプには、飲み忘れ防止のためのプラセボ(偽薬)が7錠入っています。

 

28錠タイプ

28錠タイプには7錠のプラセボ(偽薬)が入っていて毎日ピルを飲むので、飲み忘れの防止に役に立ちます。
プラセボは、飲んでも飲まなくても問題ありません。
プラセボが7錠付いていますので、少しシートが大きくなって持ち運びに不便です。

 

21錠タイプ

このタイプは、21錠飲んで、7日間は休薬して、8日目に次のシートに移ります。
21錠だけですので、小さくて持ち運びに便利です。

 

どちらのピルがいいかは、その人の好みの問題で、どちらのピルを飲んでも、本物の薬は21錠あるには変わりありませんので効果は全く同じです。

 

トリキュラー28・21

 

 

トリキュラー28の購入

 

日本で人気のあるトリキュラーは、自然なホルモン分泌パターンに似せて薬のホルモン量を低く抑えている三相性の低用量ピルです。

 

トリキュラーは、卵胞ホルモン(エストロゲンは21日間一定ですが、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の配合量が6日→5日→10日と3段階に変化していきます。

 

前半に不要の黄体ホルモンを極力少なくして自然のホルモン分泌パターンに似せることで、高い避妊効果は維持したまま全体としてのホルモン総含有量を低減させています。

 

トリキュラー28は、毎日飲む習慣をつけるため(飲み忘れ防止)のプラセボ(偽薬)付き28錠の低用量ピルになります。

 

トリキュラー28は購入量が増えるほど値引き率も高くなります。

 

 

ピルの種類

 

ピルにはホルモンの量におおじて1相性と3相性があります。

 

1相性ピル

1相性では21錠すべてが同じホルモン配合比で全て同じでうす。
飲み間違いても全く問題が無いという利点があります。
生理の日を延ばしたりするときにはこれが便利です。

 

3相性ピル

ホルモンのバランスを人間のバランスに近づけて体に優しい作りになっています。
21錠の中に段階的に3種類の薬が入っていますので、飲み間違えが出来ません。
全体といて、こちらの方が、ホルモン量が少なく副作用も出にくいです。

 

ピル

 

どちらのピルがいいかは、個人差があって実際に試してみませんと分かりません。
3相性ピルでは「トリキュラー」が有名で、1相性ピルでは「ノベロン(マーベロンジェネリック)」がよく使用されています。

 

1相性ピルや他のピルがいいという方は下記から見てください。

 

医者でのピル処方の現状

 

日本ではピルは自由診療になり保険は一切使用できません(中用量ピルは治療に使用する場合には保険適用になります)

 

ピルが日本で発売された当初は、性の乱れ・性病の蔓延などと反対する団体が多く、医者が処方するには事前検査が必要でした。
ですが、2006年2月1日、社団法人日本産婦人科学会の「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」が改訂されて、問診と血圧測定のみでピルを処方してもいいことになりました。

 

トリキュラー28

現状では、今でも手厚い事前検査をする医者もあれば、簡単な問診ですぐに処方してくれるとこもあり対応はばらばらです。

 

ですので、医者によりピルを処方してもらうのに、数万円取るところもあれば、5千円ぐらいで処方してくれるところもあります。

 

いすれにしろ、医者からピルをもらうには、かなりな出費が掛かります。毎日飲まなければ意味のないピルですので、少しの金額の違いが1年では大きな違いになってしまいます。

 

そこで当サイトでは、個人輸入でピルを安く購入できるお手伝いをしています。

 

日本では一定量の個人使用の薬に関しては、個人輸入が法律で認められています。

 

医療品等の個人輸入に関して

 

個人輸入は現実には複雑な手続きが必要ですので、自分ではできませんから個人輸入を代行してくれる会社に注文をします。

 

ですが注意が必要です。
個人輸入を代行している業者には、偽の薬をあたかも本物のように販売している悪徳業者が多数います。
医療研究所で個人輸入の薬を調査したところ、80%が偽者だったなどの検査結果が出ています。
安いからと、自分で見つけた業者から勝手に買うのは止めてください。場合によっては、体を壊すかも知れません。

 

私が自分でも使用している、安心できる業者をご紹介していますので、必ず安全のためにもこちらから購入して下さい。

 

トリキュラーの効果

 

トリキュラーは日本人に合った低用量ピルで、長い間服用されていますのでその安全性も確立されています。

 

トリキュラーのいい点は、3相性ピルで、妊娠した女性の身体の中のホルモンの変化を忠実に再現してくれます。

 

また3相性にする事で、全体としてより少ないホルモンの摂取で避妊ができるようになっています。

 

女性の体の中のホルモンの量は、ほんの少しのホルモンの変化で体の中を調整しています。

 

そのような中で、多くのホルモンを摂取する事は、かなり女性の体には負担が掛かる事になります。

 

以前は、同じホルモン量の1相ピルなどがありましたが、必用の無いホルモンを厭ってしまうことがあり、今背は1相ピルはホルモン異常の病気のくすりとして利用されるぐらいしか使用されていません。

 

又、外国の人に比べると日本の女性は体が小さいので、外国の女性に合わせた量のピルを服用しますと、少しホルモン量が多すぎて副作用が心配でした。

 

ですが、トリキュラーはそのような日本人に合った量のホルモンを上手に使用していありますので、とても安全なピルになります。

 

先ほども言いましたが、トリキュラーは3祖ピルですので、3段階に分かれてホルモン量の違うくすりが存在しますので、順番を守って服用しなければいけません。

 

トリキュラーは分かりやすくの見間違いの無いような工夫がされていますので、必ずそれを守って服用しましょう。

 

トリキュラー28

 

トリキュラーは服用方法を間違えずに使用すれば、避妊効果はもちろん。生理周期の安定や生理痛の改善、子宮を休める事による将来の女性特有の病気の回避なといろんなメリットがあります。

 

ピル=避妊などといつまでも思っているのは、日本人だけです。

 

ピルの正しい知識を付ける事で、女性が健康で長生きをしていくことにピルは大きな役割をはたしてくれます。

 

良く勉強してピルを正しく使用するようにしましょう。!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ